MENU
【おすすめ】オンラインそろばん教室の評判・選び方はこちら!

そろばんの効果・メリット16選!シーン別お役立ち事例(総まとめ)

当ページのリンクには広告が含まれています。
そろばんの効果・メリット
  • URLをコピーしました!

古くは計算の道具として使用されてきた「そろばん」ですが、現代では「脳を鍛えるための道具」としても注目を集めています。

そろばん学習にはどのような効果があるのでしょうか。
実は計算が速くなるだけではありません。

右脳と左脳がバランス良く活性化され、空間認識能力や創造力、論理的思考力などを鍛えることができ、最近では国語力の向上にも効果があることが証明されています。

一般的に知られている「記憶力」や「集中力」だけでなく、実に様々な効果が期待できるのです。


本記事では、そろばん教室で得られる効果やメリットを詳しく解説すると共に、実生活の中でどのように役立つのか、具体的なお役立ちシーンもご紹介します。

この記事でわかること
  • そろばん教室で得られる効果やメリット
  • 実生活の中での具体的なお役立ちシーン

また、評判の良いオンラインそろばん教室の紹介記事もありますので、近所に子供の可能性を引き出す質の高いそろばん教室が見当たらない場合は、参考にしてみてください。


目次

そろばん学習で得られる効果・メリット

今や小学校の算数教育でも取り入れられつつある「そろばん学習」。一見すると、古風で時代遅れのように思えるかもしれませんが、それは大きな誤解です。そろばん学習には子供の成長を大いに助ける効果・メリットがあります。それは、ただ単に計算能力を高めるだけでなく、脳をより良く活用する力を身につけさせてくれます。本記事では詳しく、その効果・メリットについてお伝えします。

そろばんのメリット
  • 右脳も左脳もバランス良く活性化する
  • 空間認識能力が鍛えられる
  • 創造力・発想力(ひらめき力)が身に付く
  • 論理的思考力が鍛えられる
  • 国語力(読解力)が上がる
  • 計算能力(計算速度や正確性)が上がる
  • 算数(数学)の苦手意識がなくなる
  • 記憶力が増す
  • 集中力が増す
  • 忍耐力が増す
  • 判断力が増す
  • 自己肯定感の向上によりポジティブになれる
  • 検定試験で実力を証明できる
  • 脳トレで認知症予防になる
  • 心の落ち着きやリラックスが促進される
  • STEM(ステム)教育の土台ができる
公式サイト

\ 無料体験キャンペーン実施中

ひつこい営業ありません

【そろばん効果 01】右脳も左脳もバランス良く活性化する

そもそもそろばんとは、一般的に数を計算するための道具と見なされがちですが、それ以上の効用があります。しかも、その効用は脳全体に働きかけ、左右の脳をバランス良く活性化させるのです。

人間の脳は大きく分けて右脳と左脳の二つに分かれています。左脳は言語や論理思考、数理的な計算などを担当する部分で、右脳は情感や直感、形や色の認識などを担当します。一般的な学習形式では、文字や数値を使った論理的な思考を必要とするため、左脳が中心となる傾向にありますが、そろばん学習では右脳も一緒に使われます。

そろばんを使う際、すべての算盤珠(そろばんだま)を把握して計算を行うため、空間的な視野が必要となります。これは右脳の機能です。また、指先で算盤珠を動かす動作は、細かな操作を必要とします。これを通して、左脳と右脳が同時に使われることとなります。このように、そろばん学習は右脳と左脳をバランスよく刺激することができる数少ない学習法なのです。

【そろばん効果 02】空間認識能力が鍛えられる

そろばん学習が鍛える能力の一つに「空間認識能力」があります。
これは、立体的な物体や状況を頭の中で捉え、理解する能力のことを指します。

そろばんは、一つ一つの算盤珠(そろばんだま)の位置関係を把握し、頭で数値変換して計算結果を導き出します。つまり、そろばんを使うことで物の位置関係や立体構造を理解する力、「空間認識能力」を鍛える訓練になります。

【そろばん効果 03】創造力・発想力(ひらめき力)が身に付く

そろばん学習には子供たちの「創造力・発想力(ひらめき力)」を育む効果もあります。

そろばんを使って計算を行う際、子供たちは与えられた課題を自分でどう解くかを考えます。その過程で、たくさんの可能性を思い描き、自らの手で解を導き出します。この一連の過程が、子供たちの創造力・発想力を鍛えるのです。

具体的には、同じ問題でも解き方は一つではありません。5+5は10ですが、それは「5を2つ足す」とも解釈できるし、「10から5を引く」とも解釈できます。このように、そろばん学習では自由な発想が求められます。

さらに、そろばん学習は「ひらめき力」を伸ばします。
そろばんを使って計算する際、「この数字をここに移動させればもっと計算が早くなる」というような直感的なアイデアが必要となります。このような「ひらめき」は、子供たちの思考力や柔軟さを育みます。

つまり、そろばん学習はただ計算能力を上げるだけでなく、脳を広範囲に活用させ、多角的な思考を育む絶好の学習方法なのです。

【そろばん効果 04】論理的思考力が鍛えられる

そろばん学習を通じて、子供たちは「論理的思考力」を身につけることができます。そろばんを使うと、数字の大小や順序、計算のパターンなどを視覚的に把握することが可能となります。これらは全て論理的思考スキルの一部であり、子供の成長にとって必要不可欠なものとなります。

子供たちがそろばん学習を通じて関与する数字の世界は、彼らが直面する課題や問題を論理的に解決するための基盤を形成します。例えば、「何十、何百、何千」という位の理解をすることで、順序性と論理性を理解することができます。これは日常生活での問題解決、さらには学校の勉強においても有用な力となります。

【そろばん効果 05】国語力(読解力)が上がる

そろばん学習が国語力、特に「読解力」の向上につながるというのは少し意外な効果かもしれません。そろばん学習には直接的には関連しないかのようなこの力を向上させる効果があります。

そろばん学習は、「読む」という行為そのものを支える基本的な能力(注意力、集中力、記憶力)を鍛えます。そろばんでの計算作業は、数字の配置や進め方、手順を正確に理解し、頭の中で視覚化する高度な処理能力を必要とします。

これらの能力は、文章を読む際にも必要な能力です。文章を読むときには、一連の文字を順序良く読み進め、その内容を理解し、記憶するという処理が求められます。そろばん学習がこれらの読解に必要な基本的な力を鍛えることで、結果として読解力を向上させることにつながります。

昔は「計算力」と「読解力」は別の能力だと考えられてきましたが、現代では読解力に影響を与える遺伝子のおよそ半分近くが、計算能力にも影響してることが研究によって明らかになっています。

【そろばん効果 06】計算能力(計算速度や正確性)が上がる

最も代表的なそろばんの効果・メリットとして挙げられるのが「計算能力」の向上です。そろばん学習を通じて、加算、減算、乗算、除算といった基本的な計算能力を向上させることができます。これらは日常生活の購買行動や時間管理といった基本的な生活スキルを身につけるのに必要不可欠なものです。

また難解な問題を解くには、解く方法を考える時間と計算する時間の2つの時間がかかります。そろばん学習により計算速度と正確性が向上していると、解く方法を考えることに集中することができます。

【そろばん効果 07】算数(数学)の苦手意識がなくなる

子供たちはそろばんの使い方を覚える過程で、四則演算(加算・減算・乗算・除算)も身につけます。これにより、子供たちは学校の授業で習う算数の内容を比較的スムーズに理解できるようになると言われています。

そろばん学習は、抽象的になりがちな数学を具体的なビジュアルを使って直感的に把握でき、数学の理解を深める効果があります。

【そろばん効果 08】記憶力が増す

そろばん学習には「記憶力」の向上にも効果があります。

そろばんを使って計算をする際には、計算結果を頭の中で保持し、さらにその記憶を活用しながら次の計算へと進むことが求められます。これにより、一連の計算過程を通じて自然に「何を、どのように記憶すべきか」を理解し、活用する能力が育まれます。

そろばん学習を通じて培われた記憶力は、学校の勉強だけでなく日常生活でも活用することができます。注意深く物事を観察し、それを記憶に留める能力は、情報を的確に記憶し、それを適切に表現する力を育てます。

【そろばん効果 09】集中力が増す

「願いましては ◯円なり、◯円なり…」と読み上げる数字に合わせて、そろばんの玉をはじく様子を見たことはあるでしょうか? これを「読み上げ算」と言います。

他の人が読み上げた数字を聞き取りながら計算することは、聞き逃したら終わりなのでかなり集中力が求められる作業です。

さらに、そろばん学習は常にスピードが求められます。
制限時間内に正確な答えを出す反復練習を繰り返すことで、子供自身で自然と集中のスイッチを入れられるようになります。

集中力は、学校の勉強だけでなく、スポーツや音楽など、あらゆる活動において重要な能力となります。特に現代社会では、様々な情報が飛び交う中で一つのことに集中することが難しい時代です。

そんな中、持続的に集中して取り組めるスキルは社会に出た時の大きなメリットとなるでしょう。

じっと座っていることが苦手で、ちょっとしたことで気が散ったり、すぐに飽きてしまったりするのは子どもの特徴ですが、そろばんを通して1つのことに全集中で取り組む力が身につくでしょう。

【そろばん効果 10】忍耐力が増す

そろばん学習は一見単純で地道な作業に思えますが、それぞれの計算方法を身につけるためには継続的な練習が必要となります。これは地道に取り組み続ける力、つまり「根気」や「忍耐力」を養成する絶好の機会となるのです。

子供達はそろばんを使った学習を通じて、一つのことに対して集中し、終えるまでやり遂げる力、つまり「責任感」を身につけます。これらは一見小さなことかもしれませんが、社会に出た時には非常に重要なスキルとなるでしょう。学業の達成だけではなく、スポーツや趣味、仕事など、さまざまな場面で必要とされる能力を、そろばん学習を通じて育むことができます。

【そろばん効果 11】判断力が増す

計算力(演算スピードと正確性)が求められるそろばんでは、迅速に結果を出す過程において「判断力」が鍛えられます。つまり計算力の向上は、判断力の向上と対になっていると捉えられます。

例えば、算数の文章問題では、計算に入る前に情報を整理し、何をどう計算すれば答えを導き出せるのかを瞬時に判断する必要があります。そのため、そろばんを使った文章問題の取り組みが情報を整理し、判断する力を鍛えることにつながります。

【そろばん効果 12】自己肯定感の向上によりポジティブになれる

地道な反復練習を積み重ねることで、計算能力(計算速度と正確性)は目に見えて向上します。

そろばん学習の効果を実感することで子供たちは「自己肯定感」を高め、「自信」を持つことができます。それは、自分の力で問題を解決し、学習に取り組むことで得られる、自分自身に対する確かな自信と自己価値の一部となります。

特に実力の証明となる「そろばん検定」の合格が良いきっかけになります。
自己肯定感が高まると、さらなる高みを目指す「向上心」が芽生えます。

正しい努力を続けると結果がついてくること経験した子供は、未経験のことでも物おじせずに挑戦する前向きな姿勢が醸成されるようになり、例え失敗しても努力すればできるようになるという前向きな考えを持てるようになります。

また、そろばんは指先を多用することで、脳の「前頭葉」が活性化されるといわれています。前頭葉は脳の中でも「やる気」に関わる部位で、前頭葉が発達している人ほど、いろいろなことに興味・関心を持って取り組もうという気持ちが芽生えます。

逆に前頭葉が十分に発達していない場合は、すぐに面倒くさがったり、1度失敗したら諦めてしまう傾向が強くなってしまいます。

そろばん学習により、前頭葉を刺激されポジティブになれることはとてもプラスになりますよね。

【そろばん効果 13】検定試験で実力を証明できる

検定試験で実力を証明できることは、そろばん学習の大きなメリットの一つです。公的な試験に合格するために、目標をもって対策や挑戦は、規則に従った学習法を身につけるだけでなく、自己の能力を高めるきっかけにもなります。基本の手続きから高度な計算まで幅広い内容が求められる検定試験を通じて、子供たちは自分のここまでの成果をはっきりと示すことができるのです。

上級を取得できれば、履歴書にも記載できる上、子どもにとっても大きな自信となることでしょう。

【そろばん効果 14】脳トレで認知症予防になる

そろばん学習は左右の脳をバランスよく活性化させるため、視覚と触覚、そして脳の計算機能をフルに活用します。

このような複数の脳機能を同時に使うことは、脳の活性化を促進し、認知症予防につながるとされています。

子供の頃からこうした「脳トレ」を習慣化させることで、将来的にも脳の健康を維持したまま生活を営むことに寄与します。

【そろばん効果 15】心の落ち着きやリラックスが促進される

そろばん学習を通じて「心の落ち着きやリラックスが促進される」という効果もあります。

そろばんを使った計算は、一連の手順を順序立てて行うことから、集中力が求められます。コツコツと一つずつ進めるその過程は、心に安定感を与えるとともに、無心になるリラクゼーション効果ももたらします。

さらに、定期的な練習によって自己の成長を実感することができれば、それは自信へと繋がり、穏やかな心持ちへと導きます。

【そろばん効果 16】STEM(ステム)教育の土台ができる

STEM教育とは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)の4つの教育分野を総称した言葉で、これら統合的に学び、将来、科学技術の発展に寄与できる人材を育てることを目的としています。

STEM教育では、単に科学的思考や技術を身につけるだけではなく、これらの思考を使い「自発的な学びと問題解決」という本質的な能力を養うことをねらいとしており、いわゆる「理系的な素養」が今後は必要とされてきます。

この「理系的な素養」を養うことのできる身近な手段の一つが「そろばん」になります。

公式サイト

\ 無料体験キャンペーン実施中

ひつこい営業ありません

AI(人工知能)時代を生き抜くための、そろばん学習

Open AIのChatGPTを始め、これからの時代はAI技術がより進歩して、働き方の変化が起こります。

今ある仕事がAIにとって代わられる可能性も高まる中、いかにAIを使いこなすかが求められ、知識の詰め込みでは対応できない柔軟な発想力やひらめき力が活きる時代です。

これからの時代を生き抜く子供たちにとって、そろばん学習は必ず役立つ力になるでしょう。

そろばん効果が役立つシーン

小学校で、そろばんの効果を感じるとき

小学校の算数の授業では、計算量が多い問題や分数の計算など難しさを感じる生徒は少なくありません。

しかし、そんな時でもそろばんを習っていると、考え方や進行方向が自然と身につくため、理解がスムーズです。

複雑な四則演算で他の生徒が苦戦している中、余裕を持って授業を受けられ、学ぶ喜びを感じる事ができます。

小学校での生活は学ぶ楽しさだけでなく、社会との接触や友人関係の形成なども含まれています。

そんな中でそろばんを通して培った計算能力は、算数の授業だけでなく、日常生活全般において自信となり、前向きな姿勢を養ってくれます。

小学生のうちにそろばんを教室に通っていると、その他いろんな場面で「そろばんをやっててよかった」と感じることが多いでしょう。

受験で、そろばんの効果を感じるとき

そろばん学習は計算速度がアップするだけではなく、受験にも役立つことをご存知でしたか?
具体的なシーンを紹介します。

そろばんを習うと、「数を感じる力」が身につくのです。具体的に言うと、量を視覚的に捉える力を養えます。

例えば、5という数は、そろばんでは中央の織り目より上の1つの珠が示す。これにより、数の概念を理解しやすくします。受験では、数学の問題を解く速度や公式の見落としを減らす力を背景に育てます。

さらには、そろばんは指先を動かすため、左右の脳をバランスよく使うトレーニングになります。右脳は空間認識や直感、イメージの力を司っており、これらの能力は問題解決に至る多角的な思考につながります。物事を論理的に考える力を伸ばす左脳も同時に鍛えられるため、受験における問題解決能力が格段に増します。

そして、そろばんを扱うことで忍耐力や集中力も自然と鍛えられます。受験勉強は長時間にわたる集中力が求められますが、そろばん経験者はその力を伸ばすことが可能です。一つひとつの珠を丁寧に動かす作業を繰り返すことで、地道な努力に耐える力や、ひとつひとつの問題に向き合う力が身に付きます。

以上からもわかるように、そろばんの学習は受験生にとっては有益な学びとなり、受験の際に役立つ場面が幾つも存在します。「そろばんを習っていてよかった」と感じること間違いなしですね。是非、試験勉強の一部としてそろばんを取り入れてみてください。

就職活動で、そろばんの効果を感じるとき

就職活動の面接で「趣味や特技はなんですか?」と問われたとき、「そろばん」と答えると、一般的なスポーツや音楽とは異なり、独自性が光ります。

面接官もピンとくるはずです。厳密で論理的な計算能力に定評のあるそろばんは、企業が求める論理的思考力や問題解決能力への配慮を表せます。

営業や接客職などは、頭の中で素早く計算を必要とする職種のため、役立つ場面が多々あります。そろばんの訓練を通じて身につけた高速計算能力は、商材の金額を即座に提示したり、予算や売上など重要な数字を扱う会議でも有利です。

さらに重要なのは、そろばんを通じて身につけた集中力や忍耐力です。これらはどの職種においても必要とされ、仕事をこなす上で不可欠な力です。

鍛えられた集中力は、短期間で多くの仕事をまとめ上げる際の生産性向上や、長時間にわたる作業をミスなく正確にこなす際にも役立ちます。

以上のように、そろばんが就職活動のときに万能のスキルとして活きる多くの場面が存在します。そのため、大人になってからでも、そろばんを学び直す価値は十分にあると言えるでしょう。

仕事で、そろばんの効果を感じるとき

そろばんのスキルは、社会人として働く上で意外にも多くの場面で役に立つことがあります。

例えば、会議の途中で予期せぬ数字の確認が必要になった際、電子機器を駆使するよりもスピーディに結果を提示できるというケースがあります。そろばんは空間的な位置関係を意識しながら計算するため、脳の右半球を活性化させ、豊かな発想やイメージ力を刺激するとも言われています。

このため、会議中にアイデアを必要とされた際にも、そろばんの経験は創造的思考を助け、新たなアプローチや解決策を見つけ出す原動力となり得ます。

また、数字のデータ分析を求められる機会も、仕事の場面では珍しくありません。そんな時、そろばんで培った計算力が活きる瞬間です。そろばんは視覚と感覚を使って計算を行うため、頭の中で数字を動かす感覚が鍛えられます。これが、大量のデータに対する視覚的理解を助け、分析作業の効率化につながるのです。

これらの例からも見て取れるように、そろばんのスキルは仕事の場面で大いに役立つと言えます。日頃からそろばんを利用して脳のトレーニングをしている人は、自分自身が持つ能力を最大限に発揮し、仕事の効率を飛躍的に向上させることができるでしょう。

日常生活で、そろばんの効果を感じるとき

「そろばんを習っていて日常生活で役立つシーン」について、皆さんにお伝えしましょう。「こんなときにそろばんをやっててよかった」と思う瞬間は意外と多いものです。それでは、具体的な場面をいくつかご紹介します。

最初に挙げられるのが、お買い物の支払い場面でしょう。重たいバッグを片手に持ちながら、その場でエコバッグに詰めると同時に、買った商品の合計金額を頭の中で素早く計算する。そんな時にそろばんを習っていると、頭の中でパッと数字が浮かびます。レジでのお金のやり取りもスムーズになり、忙しい店員さんを待たせることなく終えることが可能です。

次に、飲食店でのお会計時も、そろばんの力が発揮されます。人数分の料理とドリンクのお値段をみて、精算が快適になります。ビールを何杯頼むか、デザートはいくらまでなら頼めるか、そんな計算もスピーディーにできますよ。これは集団での飲み会で支払いをワリカンにするときも役立つでしょう。

その他、工事の見積りや大きな買い物をする際に、値引き交渉をしたい場合も、数字に強いと詳細な交渉が可能です。計算が得意でない人は、割引されたらとにかくOK!と思い込んでしまう場合もありますが、そろばんで培われた暗算力があれば、値引き交渉もより有利に運ぶことが可能です。

そろばんを習うことは脳トレーニングにもなります。高齢になっても記憶力を保つためには、日々の脳の活性化が欠かせません。手元を見ないでそろばんを弾くことで、感覚を研ぎ澄ませる効果も期待できます。脳の活性化はデジタル機器に頼らずに、ご自身の力で楽しく行うことができます。

いかがでしたでしょうか。これらはほんの一例であり、実際にはもっと多くの場面でそろばんは活躍します。
そろばんの魅力に気づいた方は、お子さんと一緒に学び直すのもありだと思います。

まとめ(そろばんの効果)

そろばん学習で得られる効果をまとめました。

そろばんを習う代表的なメリットとして知られているのは「計算力と集中力」ぐらいだと思います。

この記事を読んで『こんなに効果があったの?!』と驚かれる方もいらっしゃるかと思います。

そろばん学習で得られる効果は子供たちが将来社会に出て必要となるスキルであり、その土台になりうるものが沢山あります。

もちろん、そろばんだけやっていれば完璧!というわけではありませんが、子供たちの潜在能力を最大限に引き出すことに適した知育学習と言えるでしょう。

そしてもし、近所に良いそろばん教室が無い方、そろばん教室への送迎が難しい方は、オンラインのそろばん教室も視野に入れて検討してみて下さい。

無料体験レッスンを受けるだけでも、子供の良い経験になります。

子供に多くの効果をもたらす「そろばん学習」は、段位を持ったちゃんとした先生から学びましょう!

公式サイト

\ 無料体験キャンペーン実施中

ひつこい営業ありません

  • URLをコピーしました!
目次